×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

spacer

ジャイアント・マウンテンバイクの人気






マウンテンバイクの他の商品をみる

マウンテンバイク・ジャイアントという日本語では巨大機械工業を意味するジャイアントであるマウンテンバイクブランドはすでにご承知と思います。マウンテンバイク・ジャイアントは元々はアメリカの企業でした。が、生産拠点を台湾に移設し生産コストの見直しを図り、今や世界一の規模の自転車マウンテンバイクブランドに成長を遂げています。ジャイアント・マウンテンバイクブランドのすごさは、その豊富な資金力でレース活動にも参画しています。マウンテンバイクの自転車はもちろんのこと、ロードレースでも一流チームを持ち、毎年のようにマウンテンバイク・ワールドカップでプロトタイプを出しているとようです。そんなところはマウンテンバイク自転車ブランドは数あれどマウンテンバイク・ジャイアントだけだと思います。世界トップブランドにまで上り詰めたジャイアントの要因には、生産コスト見直しのほかに優れた技術力も挙げられます。各マウンテンバイクメーカーのOEMを数多く着手していて、またパイプパーツの加工に始まり、設計、生産までを全て自社開発しているようです。

マウンテンバイク 激安

マウンテンバイクのメンテナンスについて

マウンテンバイクのメンテナンスは、いつも同じ良好な状態を保つことにあります。一つには走行したあとや整備前に行うマウンテンバイクのクリーニングになります。マウンテンバイクをいつも綺麗に保ってしておくということは、メンテナンスにおける基本中の基本ですね。また、マウンテンバイクのパーツを長持ちさせることであったり、トラブル防止のための第一歩でもあるのです。非常に大切なメンテナンス作業なので、次回走行前までに必ず行います。では、具体的なマウンテンバイクのメンテナンスクリーニング方法。1、バイクにそれほど目立つ汚れがない場合は、作動する部分を中心にクリーニングを行います。サスペンションやディレイラー、チェーンはライディングの際に常に動いている箇所です。また、油分を含んでいますので、砂やほこりが付着しやすい箇所ですので、他のパーツよりも念入りに汚れを取り除くことが大切です。2、汚れがひどい場合は水と洗剤でクリーニングします。ロックの溝の汚れや、ブレーキキャリパー、ローターなど念入りにし、洗車後はサスペンションやチェーンに注油を忘れずにします。

マウンテンバイクのパーツ(消耗品)

マウンテンバイクのパーツには実に様々な種類のものがあり、パーツの中には「消耗パーツ」と呼ばれるものがあります。マウンテンバイクを使い込んで年月が経つにつれて徐々に消耗していくパーツのことです。当然それらのパーツにはそれぞれにある程度の交換の目安というものがあります。いくつかピックアップしてみましょう。以下の状態になったら速やかに交換するようにしましょうね。まず、マウンテンバイクのタイヤはサイドやトレッドが硬化してヒビ割れを起こしていたり、ブロックが減って、欠けが目立つようになってしまうとそれは交換時期です。 マウンテンバイクパーツのチェーンは、シフトが重くなりスムーズに入らない、プレートの捩れや傷が原因で歯飛びが起こっているとアウトです。また、プレートの開きやピンのズレが目立ち、新品と比較して10リンクで長さにして2.5ミリ以上伸びていると交換が必要です。 マウンテンバイクのパーツブレーキシューは、ブロックの溝が確認できないくらい磨耗しているようではいけませんし、 減り方が片寄っている場合も交換しましょう。マウンテンバイクのパーツ類も万全な状態にしておきましょう。






マウンテンバイク ジャイアントの他の商品をみる
spacer

Copyright © 2007 マウンテンバイク・ジャイアンの魅力